キレイな風呂場

新築のようにする

電動ドライバー

屋根のリフォームの歴史はどうなっているでしょうか。 屋根のリフォームは高度経済成長期あたりから増え続けます。 当時は屋根のほとんどは瓦で雨漏りや瓦の総取りかえなどはよく行われていました。ただ、現在ほどの素材は多くなく、トタン屋根などもまだまだ主流の時代もありました。 最近の屋根はスレートなどの軽量の素材が好まれているけいこうにありますがその一方で昔ながらの瓦も人気があります。 リフォームは素材だけでなく塗装も含まれますが、塗装が増えてきたいのは平成に入ってからです。 屋根や天井の腐食を防ぐためにリフォームの時に塗装をすることがありますが、フッ素系の塗装や耐熱、遮熱系などの塗装は最近特に注目されています。

今後のリフォームはどうなるでしょうか。これは一戸建て住宅の数が減少している関係でマンションなどの防水工事は頻繁にあると予想できますが、一戸建てのリフォームは建設数と共に減少してくるでしょう。 ただ、中古住宅をリフォームすることが流行っているので、絶対数は減少したとしてもリフォームの数はいくらかは減少する物のそこまで減少はしないのではないかと予想できます。 それとは別に、業者間の競争は激化すると予想できます。この問題はどの業種でも起こりうることですが、生き残るためには価格競争をするか、ブランディングをするしか方法はありません。 価格競争は価格を他の会社よりも安くすることですが、ほぼ確実に大規模な会社が勝つので、小さなところはブランディングで勝負するべきです。